うつ病性障害受診の勧め方のポイント

うつ病の疑いがある場合、受診を勧めてもすぐに受診につながるとは限りません。

うつ病や精神科に対する理解が以前より進んできたとはいえ、受診を躊躇する場合には少なくないと考えられます。
「私はうつ病なんかじゃありません」
「疲れているだけだと思います」
「原因はわかっていますから」
「前にもこんな感じでなんとかやりました」
と、うつ病などの精神障害にかかっていることを一生懸命否定しようとします。
その背景には、うつ病という病気に対する誤解があると思います。
うつ病は決して特別な病気ではなく、誰でもかかる可能性のある病気で、有効な治療法があります。
また、うつ病は2回3回と繰り返す人が多いので、早めに専門の精神科の受診をした方がいいのです。
弱さや怠けではなく病気である。
脳の神経系の病気で、ストレスなどが関係している。
誰でもがかかる可能性のある病気である。
症状が伝えにくいことが多いのでこのような事を参考にされてみてください。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。