うつ病は心の風邪

「最近やる気が出ない」「疲れやすくなった」「なんだか憂(ゆう)うつ」

そんな言葉をよく聞きます。"うつ状態"と言われる状態です。
最近では「うつ病」という名前がかなり広まってきたため、「もしかしてうつ病かな?」と思うこともあるかもしれないです。
こんなとき、あなたならどうしますか?
「うつ病はこころの風邪(かぜ)みたいなもの」と一般に言われているため、「ちょっと元気がないだけだし、無理しなければいいや」などと軽く考えてしまいがちです。
確かにうつ病は「風邪(かぜ)」のように誰もがかかりうる病気です。
しかし、「風邪(かぜ)」とは比べものにならない苦痛を伴う病気です。
自殺してしまうほどつらいのです。
決して「こころの風邪(かぜ)」などというなまやさしいものではないのです。
自殺者の多くは精神障害でそのうちうつ病が占める比率は高いと言われています。
しかし、ほとんどの場合うつ病は適切な治療を受けることにより、よくなる可能性がある病気と言われております。
ただ一番の問題は、うつ病にかかっている人の半数以上が治療を受けていないことです。その理由は人様々です。
うつ病になりやすいのは生真面目(きまじめ)で責任感の強い人が多く、自分の問題は自分で解決しようという傾向が強いこともそのひとつです。また、周囲の人も、こころの問題だから治療の対象ではないと考えがちです。そのために治療開始が遅れたり、まったく治療されなかったりということが起こるのです。
うつ病による自殺者が後を立たないのは、適切な治療を受けていないことが原因といわざるをえません。
うつ病に対する正しい知識を身につけていただき、どうか偏見を払拭(ふっしょく)して下さい。
自殺といった最悪の事態にならないためにも大切なことです。



×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。